パートナー企業の声

前身の企業時代からの旧知のグループ会社がパートナーとしても活動。MJSとの連携を自社商品の拡販に活用

リード 株式会社 様

メリット・ポイント

  • 製品面・営業面でのMJSとの連携を自社の強みに

事業内容

1976年に群馬県前橋市で創業。2016年に創立40周年を迎える。
主な事業は基幹業務システムやERPパッケージ製品の開発。中でも販売や建設工事業といった業種に特化したシステムを得意とし、MJS製品以外にもIBMのERPパッケージ開発とアドオンカスタマイズ、大手家電量販店のPOSや発注システムの開発なども手掛ける。

主力商品の建設工事業向け業務パッケージ「工事部長」シリーズは、2013年に第3弾がリリース。本バージョンでは、原価管理や受発注、見積、売上、労務管理等の基本アプリケーションに、フリーレイアウト帳票や財務情報の分析ツール、電子文書の保存管理といった機能を加えたほか、タブレットPCに最適化したTOP画面とするなどUI面でも見直しを図っている。既にスーパーゼネコンや大手住宅設備メーカー、電力・情報通信設備グループの本社と拠点、関連会社を中心に導入数を着々と伸ばしているそうだ。

パートナー契約締結の経緯

MJSとはその前身である「ミロク経理」時代からの付き合い。MJSが群馬に拠点を持っていなかった時期に県内の営業を担っていたこともある。こうした流れの中で、開発・営業の両面での連携強化を目指しパートナー契約やグループ会社化を決めたようだ。

パートナーのメリット

開発に比べて営業人員が極端に少ない当社にとってMJSの営業網は貴重な販売ルートの一つ。さらに、MJSと一体となって「工事部長3」を販売することで、顧客からのカスタマイズ要望に柔軟に対処できていたり、広く浅くのデータ連携しかできない競合商品と比べて、MJS製品と一体化に近いレベルでのデータ連携が可能になっていたりと、MJSとのつながり自体が自社製品の強みにもなっている。

(個別開発・保守ソリューション 営業グループ)西村 茂人 

営業面や製品の機能面などMJSのバックボーンを自社の収益確保におおいに活用させて頂いています。今後もMJSとは緊密な連携を維持しつつ自社の課題である営業リソースの拡大に向けて販売代理店の獲得などにも取り組んでいきたいと考えています。

リード 株式会社

事業内容

個別企業の業務システム開発、ERP導入支援、IBMPowerSystems(AS/400)向けシステム開発等

ホームページ

http://www.lead-ltd.co.jp/

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
スタッフがさらに詳しく機能について
ご説明いたします。