IT導入補助金2020「MJSコンソーシアム」および臨時公募開始のご案内

MJSとパートナー様の商品を組み合わせて、

IT導入補助金が活用できます!

2020年3月13日より、「令和元年度補正サービス等生産工場IT導入支援事業(IT導入補助金2020)」の一次公募が始まりました。

MJSはIT導入支援事業者として、パートナー様と共にITツールの導入によるお客様の業務効率化・生産性向上を支援いたします。
当社の「MJSコンソーシアム」にご加入いただいておりますパートナー企業様は、昨年同様、MJSの商材とセットでIT導入補助金の対象ITツールとしてお客様へのご提案が可能です。

IT導入補助金2020の一次公募(臨時公募)について

本年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、中小企業・小規模事業者等の経営及び生産活動に多大な影響があるとして、2020年3月13日から3月31日にかけて一次公募(臨時対応)が開設されております。

留意点として、臨時の一次公募はA類型のみを対象とし、B累計の申請は二次公募以降となる予定です。
また、IT導入補助金2019にてコンソーシアムに登録済のITツールのみが一次公募の対象となります。(新規受付は2次公募以降となります。)
IT補助金2019にてご登録いただいたITツールは、自動的に今回の一次公募にてご利用が可能ですが、すでに登録済みのITツールの名称変更等がございます場合はご連絡ください。

 

併せて、今回の一次公募にあたっては、在宅勤務制度(テレワーク)の導入に取り組む事業を優先的に支援するとの発表がございます。
二次公募以降も当該事業については優先的に支援を実施する可能性についても発表されておりますため、該当のITツールをお持ちのパートナー様は、積極的にご登録ください。

2次公募以降は、新たなITツール等の登録が可能となりますので、コンソーシアムご加入をご希望のパートナー様につきましては、公募要領をご確認の上、並行してご登録手続きの検討をお願いいたします。

詳細は、交付規定・公募要領をご確認ください。https://www.it-hojo.jp/

 

MJSの取り組み・実績について

平成29年以降の当社におけるコンソーシアムの取り組み・実績につきましては、こちらのページをご覧ください。